ワキガには手術がおすすめ

ワキガには手術がおすすめ

 ワキガでお悩みの方には手術を受けることをお勧めします。

 

 ワキガというのは体質によるものであり、遺伝もするため気をつけているからといって改善されるものでもありません。アポクリン腺があることが、ワキガの要因です。つまり、アポクリン腺を除去する手術を受けることによって、ワキガを軽くすることができるのです。

 

 アポクリン腺とは、わきの下など特定の部位にしか存在しない汗腺であり、通常かく汗はエクリン腺から分泌されています。アポクリン腺の汗が、ワキガの臭いを発するようになると考えられています。
 アポクリン腺から分泌された汗そのものが臭うのではありません。

 

 アポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂肪酸や、さまざまな物質が原因です。汗の臭いとは、エクリン腺の汗に皮脂腺の皮脂が混入した臭いだったり、アポクリン腺の汗に含まれる皮脂腺が皮膚の常在菌で分解されたために発する臭いなどです。

 

 汗とは、体温を保つための調節機能です。ワキガを改善するために手術をした場合、問題が発生したりはしないでしょうか。結果から言ってしまうとアポクリン腺は手術によって除去してしまっても発汗には影響ありません。ワキガがコンプレックスだというなら、手術を受けてみたらいいかもしれません。

ワキガを手術しないで治すには

 ワキガの治療方法には、手術以外にも保存療法というのがあります。ワキガの臭いの原因は、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂肪酸やさまざまな物質です。とはいえ、アポクリン腺からの汗そのものが臭うわけではありません。

 

 分解された脂肪酸や、他の汗に溶けた皮脂が臭気の源です。そのため、手術を受けずとも、脇の下のきれいな状態にしておくことでワキガの抑制が可能になるといいます。手術を受けることは大きな改善といえますが、手術を考えるよりもまずはワキガの臭いの軽減のためにできることがあります。
 外出前や寝る前に脇の下を洗淨したり、服や下着を頻繁に着替えて洗うなどが有効です。

 

 もしくは汗取りシートなどを使用してふき取るなどを試してみるとよいでしょう。市販の制汗剤やデオドラント剤にはさまざまなものが含まれています。汗腺からの発汗を抑制するための成分や、脇に存在する細菌自体を減らす成分も用いられています。

 

 臭いをマスキングするための芳香剤や臭いを取り除く脱臭剤、脂質が細菌に分解されないようにする酸化防止剤なども、偏りなく使われています。ワキガが気になるなら、一度、制汗剤を使用してみるとよいでしょう。制汗剤を使ってもワキガの臭いが気になるという人や、ワキガのコンプレックスが解消されない人は、手術を受けるといいでしょう。