脚やせダイエット

脚やせダイエット

脚やせダイエット

 脚やせのためにダイエットに取り組む人がいます。部分痩せダイエットには、脚、お腹、二の腕などがあります。ただ体重を減らすよりも、部分痩せダイエットの方が難しいとされています。なぜかというと脚だけお腹だけといったダイエットの場合、痩せたい部分が限定しているからです。

 

 食事だけのダイエットでは、どうしても痩せる事ができません。スリムにしたい部位を細くするためのエクササイズなどが必要になります。部分痩せの中でも脚やせは難しいと言われますが、それは下半身に脂肪や老廃物が蓄積されやすく、減らしづらいためです。脚の太さが一定以上の状態になってしまうことは、人であることからやむをえないことです。

 

 脚が太くなるのは仕方がないと言いながら、全ての人が脚が太いわけではありません。下半身のスリムアップを常にできている人も少なくありません。美脚を目指すには、どんなダイエットが効果があるでしょう。老廃物が脚に蓄積しないよう、血流を改善することが脚のダイエットでは大事です。むくみを解消し、不要な水分が溜まらないようにしましょう。脚の血流を促進するためには、ストレッチやマッサージで脚を刺激し、代謝を促すことが効果的だと言われています。ダイエットで脚の部分痩せを成功させたい場合は、脚のストレッチ運動に毎日取り組むようにしましょう。

脚やせダイエットと太ももストレッチ

 脚やせダイエットをするのに、ストレッチは太ももと、ふくらはぎの2つの部分を中心にします。どのようなストレッチが、太もものシェイプアップに効果的でしょう。ゆっくりとした動きでストレッチをすることで、ダイエット効果が期待できます。
 ストレッチは急な動きで行っても体への運動効果はありません。ストレッチ効果を十分引き出すには、ゆっくりとした動作が大事です。

 

 ストレッチで太ももを鍛えたいという場合、壁に沿って達、壁に片手を添えて右足を曲げて持ち上げていきます。右足をあげた状態で15秒数え、数え終わったらゆっくりと下げます。5〜10回で1セットです。この動きが太ももの前側のダイエットであり、後方のダイエットには脚を後ろに上げる動きを行います。同じように15秒ほど待ち、ゆっくりと元の位置に戻します。脚の太もも全体を引き締めてくれます。

 

 脚やせのためのストレッチを5回を1セットにして、1日3〜4セットすると脚やせに効果的なダイエットです。太もものストレッチを行ったら、疲労がいつまでも残らないように、足首から上に向けてマッサージをします。マッサージをすることでリンパの循環が良くなり、老廃物の排出も促進されて脚の状態も良くなります。脚やせダイエットは、効果が現れるまで多少の時間を要する場合もありますが、毎日続けることによって脚の引き締め効果が期待できるでしょう。

脚やせダイエットとふくらはぎストレッチ

 脚やせダイエットで大切な、ふくらはぎのストレッチについて調べてみました。太ももと同様、ふくらはぎもダイエットによって引き締めたいと考えてストレッチをしている人は大勢いるのではないでしょうか。スカート着用時は、太ももは衣服で隠すことはできますが、ふくらはぎは人目にさらされやすい箇所でもあります。

 

 不要な水分や老廃物が蓄積したむくみが現れやすいこともふくらはぎの特性です。ダイエットよりむくみ対策が重要になることがあります。脚は体の下部にあるので、どうしても老廃物が溜まりやすい状態になっています。脚に老廃物が溜まっていると脂肪の燃焼効率も悪くなり、マッサージやエクササイズの効果が出づらくなります。むくみの解消や老廃物の排出のためにも、時間がある時に積極的にふくらはぎのストレッチを行いましょう。

 

 ストレッチをする前に多めに水を飲み、代謝を促進するというダイエット方法もあります。つま先立ちとかかと立ちを一定リズムで繰り返すダイエットもあります。10秒のつま先立ちと、10秒のかかと立ちをそれぞれ行うことによって、脚に適度なストレッチ効果を得ることができるといいます。むくみが気になる脚には、5回1セットで4回から5回の運動を毎日続けることが効果があると言われています。イスに腰掛けた姿勢のままでできることが、このストレッチのメリットです。デスクワークの際や休憩時間に脚のストレッチをしてみてはどうでしょうか。脚やせダイエットは、毎日の積み重ねですから、1日に少なくとも2〜3回ずつぐらいはストレッチをやってみることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ