手足のムダ毛処理

手足のムダ毛処理

 ムダ毛を処理するために、カミソリを使って定期的に剃っているという人はたくさんいます。カミソリは、ムダ毛が目についた都度、簡単に剃ることができます。カミソリを用意し、シェービング用のクリームをつければすぐに剃ることができます。

 

 カミソリでムダ毛を剃ると、その後に再生してくる毛が太く濃くなってしまうという話もあります。また、再生しはじめはちくちくする毛が生えてきます。人によっては気にならないともいいます。他の人と腕が当たったりした時に、そのぞわっとくる感じがいやという人もいるでしょう。ムダ毛の処理に脱毛テープを使っているという方もいます。ムダ毛が気になる部分に貼り付け、剥がすことで脱毛を行います。いっぺんにたくさん抜けカミソリで剃ったときのようなチクチク感があまりないのが利点です。

 

 人によっては、脱毛テープの刺激に肌が負けてしまうことがあります。無難な部分に貼ってみて確認してから使うのもいいでしょう。脱毛テープでムダ毛を処理したことで、毛根に負担がかかってしまう場合もあります。毛根の近くでムダ毛が切れて抜けてこなかったという事もあります。刺激の少ないローションで、ムダ毛を処理した後の肌をケアすることも重要です。

わきの下のムダ毛処理

 腕や脚のムダ毛のように一筋縄ではいかないのがわきのムダ毛です。再生は速いため、処理に手間がかかります。どんな状態になっているか視認するのが難しいわき毛は、生え方もそれぞれで処理が面倒です。
 わきの下のムダ毛の処理でよく使われるのが、わきの下専用のシェーバーやカミソリです。ジェルなどを塗ってから、毛の流れに沿って剃ります。ムダ毛を剃る時は、できるだけ一回限りで終わらせます。剃りきれなかった毛に関しては、ピンセットで処理をしてください。刃の刺激に肌が耐えきれず、肌負けを起こしてしまうことも少なくないといいます。

 

 毛抜きを使ったムダ毛の処理をしている人も少なくありません。カミソリによるムダ毛の処理に比べて、一本一本抜いていくので、効果は長続きします。肌への負担が多く、黒ずみや色素沈着を起こすこともあります。毛抜きの刺激で、皮脂腺やアポクリン腺の働きが盛んになりすぎることもあります。ワキガが強くなったり、汗をかきやすくなることがあるため、毛抜きはほどほどにした方がいいでしょう。他にもムダ毛処理専用の電気シェーバーも多くのメーカーから販売されています。ムダ毛の根本から剃ることができるので、電気シェーバーなら深剃り効果があります。わきから臭いがする場合、原因は処理していないムダ毛が蒸しているためかもしれません。個々人にやりやすい方法で、ムダ毛を定期的に処理する必要があります。

 

銀座カラー申込はここ⇒銀座カラーで脱毛!


TOP